ワキガと同様、気になってしまうのが足の臭いですよね。

私も夕方頃には雑巾のような悪臭がして、誰かにバレないかヒヤヒヤします。

人前では脱げませんし、急な飲み会に誘われたりしたら困ってしまいますね…

「自分の足が臭いのはワキガだから?」

「アポクリン汗腺が足の裏にもたくさんあるのかな?」

とワキガとの関係性を疑う人もいるのではないでしょうか。

この記事ではワキガと足の臭いに関係があるのかみていきたいと思います。

 

足にアポクリン汗腺は存在しない

足の裏には非常にたくさんの汗腺が存在します。

人間の体の中で最も汗腺が多い場所で、およそ630個の汗腺が存在すると言われています。

これは背中と比べても10倍程の数なのです!

「じゃあ自分は足にアポクリン汗腺が多いんだ…」

と思われるかもしれませんが、足の裏にアポクリン汗腺は存在しません。

存在するのは「エクリン汗腺」のみなんです。

そして、エクリン汗は成分の99%以上が水分なので、いくら汗をかいてもワキガの原因にはなりません。(アポクリン汗にはタンパク質や脂肪などワキガの原因が豊富に含まれます)

つまり、足の裏が臭いのはワキガとは別の原因があるということですね。

 

足が臭くなる原因

足の裏にアポクリン汗腺が存在しない、ワキガとは関係ないのであれば、「なんで自分の足はこんなに臭いんだろう?」と不思議に感じますよね。

足が臭くなる原因は、足裏の蒸れやすい環境にありました。

足の裏からは1日に両足合わせて、コップ1杯分の汗をかくと言われています。

毎日ものすごい量の汗をかいているわけですね。

 

高温多湿な靴の中は、雑菌にとってベストコンディション。

あっという間に繁殖した雑菌は、汗や皮脂などを餌にして老廃物を排出します。

この老廃物に含まれるのが「イソ吉草酸」という成分で、足臭の原因です。

イソ吉草酸はどれくらい臭いかと言うと、悪臭防止法という法律で「特定悪臭物質」に指定されている程なんです。

ある意味、ワキガよりも強烈かもしれませんね…

 

対策

足の臭いとなる「イソ吉草酸」を発生させないためには、雑菌が繁殖しない環境づくりがポイントです。

そのためには主に3つ(足裏、靴、靴下)の方向から対策をすることが効果的なんです。

足裏を清潔に

足の裏にはたくさんの角質や皮脂汚れが蓄積しており、雑菌の大好物です。

少しでも清潔に保つために、お風呂に入った時に足はついでと思わずにしっかり洗うことが重要です。

殺菌成分入りの石鹸を使って、足の指・爪の間まで丁寧に洗いましょう。

  1. 汚れを落としやすくするため、まずはお湯で温めて皮膚をふやけた状態にします。数分くらい足湯ができればベストです。
  2. 泡だてた石鹸でなでるように優しく洗います。タオルでゴシゴシするのは皮膚を傷つけるのでNGです。素手で洗いましょう。
  3. 洗い終わったらしっかりとタオルで拭き取ります。生乾きだとせっかく清潔にしたのに雑菌が繁殖してしまうので注意!

 

ただ、角質は必要以上に洗いすぎると余計に厚くなる事もありますから注意してくださいね。

また、爪は伸びる前に切っておくことで汚れが溜まりにくくなりますよ。

 

靴の湿気を取る

私たちが日常的に履いている革靴やスニーカーは通気性が悪いです。

靴の中はとても蒸れやすいので、一晩置いただけでは溜まった湿気が飛びません。

次の日、乾かない内にまた履いて・・・を繰り返すため雑菌が常に繁殖してしまう状態です。

加えて、靴の中には剥がれ落ちた足裏の角質も蓄積しています。

雑菌は餌にも困らないため余計に増えてしまいますね。

これを防ぐためには使わない時の手入れが重要です。

  • 複数の靴をローテーションして毎日履かない
  • 使わない時は新聞紙を入れておくか、日陰で乾かす
  • インソールだけでもこまめに洗う

 

などなど、ちょっとした工夫でOKです。

毎日少しの心がけで臭いをかなり抑えることができます!

それに水虫の予防にもなり一石二鳥です。

 

靴下選びのコツ

靴下の選び方にもちょっとした工夫が必要です。

靴下を選ぶコツは、通気性が良くて、吸湿性の高い天然素材のものを選ぶことです。中でもコットン100%が手に入りやすくおすすめです。

安いものだと、ポリエステルなど化学繊維が混ざっていることがありますが、その分通気性、吸湿性は低下します。

汗が吸収されないとそれだけ靴の中が蒸れやすくなりますから気をつけましょう。

さらに五本指ソックスを選べば指の間の汗もしっかり吸ってくれます!

ただ、理想的なのは汗をかいたら早めに靴下を履き替える事です。

忙しいとなかなか難しいですが、カバンの中に靴下の替えは常備しておきたいところですね。

 

まとめ

足の裏にはアポクリン汗腺は存在しません。

エクリン汗を雑菌が分解した時に発生する「イソ吉草酸」という物質が原因でした。

そして、足の臭いはワキガよりも抑えることが簡単です。

  • お風呂でいつもより丁寧に洗う
  • 靴を使わない時は湿気を取る
  • 靴下はコットン100%

これだけでも日々の中でぜひ意識してみてください!

 

また、デオドラントクリームのクリアネオは消臭・抗菌効果が高く、全身に使うことを想定しています。

ワキガと併用して使うことで、足が臭い人でもかなりの臭いは抑えることができますよ!




---------------------------------------------------------------------------------------

僕は26歳まで全く彼女ができませんでした。

ワキガのせいで「清潔感」がなかったんです。

たかがワキガで?
そう思われるかもしれません。

でも女性は臭いにとても敏感です。
男性なら気にしない体臭でも
「不潔」だと嫌われてしまうことだってあります。

実際、僕も
学生時代はワキガが原因で女子に避けられていたし、
好きな人からも相手にされませんでした。

そんな自分に劣等感を感じずにはいられなかったです。

周りはみんな彼女がいるのにどうして自分だけ、、、
僕はもう一生このままなのかもと絶望しました。

しかし、あることがきっかけでワキガの悩みが消え、
女性と接することが全く怖くなくなりました。

ワキガを克服したことで、
女性からの評価をガラリと変えることができたのです。


おかげで僕はかわいい彼女を作ることもでき、
とても楽しい日々を送ることができています。

そして同じワキガの悩みを持つ友達にも
僕の知識を教えたあげたら
ありがたいことにすごい感謝されております。

このことからも
手術をしなくてもワキガの悩みは解決できるのです。

僕がコンプレックスを解消できた秘密は、下記のリンクからどうぞ。
↓      ↓      ↓      ↓      ↓

きよまろが人生を変えた方法


---------------------------------------------------------------------------------------