洋服にワキガの臭いが付いてしまって取れない・・・

こんな経験はありませんか?

一度服についてしまったワキガ臭を取るのは、実は難しいのです。

ワキガの原因となる臭い成分は、衣類繊維の奥の方まで入り込んでしまっており、普通に洗濯しただけでは落とすことができないからです。

 

臭いが付いたのがお気に入りの服だったり、

人から借りている服だったりしたら最悪ですね。

何回洗濯しても臭いが残ってて、

途方にくれた経験がある人も多いと思います。

 

そんな時、柔軟剤を使っていい香りを付け足すことで、

ワキガの臭いをごまかすことはできるのでしょうか??

 

柔軟剤ではワキガはごまかせない

柔軟剤の匂いって結構強力ですよね。

多少の嫌な臭いなら、あのいい香りの効果で気にならなくなります。

しかし、残念ながら柔軟剤ではワキガの臭いをごまかすことはできません。

 

なぜなら、柔軟剤は衣類の汚れを落としているわけではないからです。

あくまで洗い終わった衣類の上から香料をマスキングしているだけなのです。

ここがポイントで、

臭いの元を落とさず、良い香りでごまかすには限界があります。

 

ワキガのような強い臭いに対しては、逆に柔軟剤の香り成分と合わさってしまい、

もわっとした独特の臭いを作り出してしまう原因となる危険性を持っています。

 

ワキガのキツイ方は、「香料×体臭」はまぜるな危険という認識が必要です。

 

でも最近は抗菌・消臭効果のある柔軟剤も増えてるんじゃないの?

と思った方もいると思います。

 

確かにそのような商品も増えており、昔に比べたら臭いを抑える効果は期待できるようになっているのも事実です。

ただ香りを付けてごまかすのではなく、柔軟剤に含まれる特殊な成分によって臭いの原因物質を除去しようというものです。

 

しかし、軽度のワキガであればごまかせるかもしれませんが、中〜重度のワキガになると臭いを隠すのは現状ではまだまだ不可能と考えたほうがいいでしょう。

 

 

柔軟剤に洗浄効果はない

つまり、衣類からのワキガ臭を防ぐには、汚れをしっかり落とす必要があります。

柔軟剤の成分表示を見てみると、界面活性剤が主成分になっています。

なのにどうして洗浄効果は期待できないのでしょうか?

 

なぜかというと、柔軟剤に含まれるのは「陽イオン界面活性剤」だからです。

これは洗剤に含まれる「陰イオン界面活性剤」と違って洗浄目的ではないのです。

 

柔軟剤はすすぎのタイミングで投入します。

例えるなら洗剤がシャンプーで、柔軟剤がリンスのようなものです。

洗い終わった衣類表面に、柔軟剤がコーティングされることで、

いい香りを付けるのみならず、洗剤でキシんだ衣類をふんわりさせたり、静電気の発生を抑えたりするなどの効果が期待できるのです。

 

柔軟剤でワキガ臭が落ちにくくなる危険性も?

ワキガ汚れは通常の洗濯方法ではなかなか落ちにくいです。

だからと言って、ちゃんと汚れを落とさずに柔軟剤を使い続けていると、汚れの上に柔軟剤のコーティングを繰り返すことになり、

落としきれなかった汚れが衣類にどんどん蓄積することになり、臭いの原因となってしまいます。

こうなると古い汚れはなかなか落とせません。

 

その上、ワキガ臭が柔軟剤の香りと混ざるので、余計に衣類がクサくなってしまう恐れがあります。

 

特に、柔軟剤の香りが好きだからと言って、規定量よりたくさん使っている人も少なくありません。(これは慣れると匂いを感じにくくなるので、つい柔軟剤を入れすぎてしまうからですね。)

 

特に海外製のものは、少量でも匂いが強いので注意が必要です。

 

また、柔軟剤が表面にコーティングされるということは、衣類の吸水性を悪くするという側面を持っています。

ワキガ対策として、コットンなど吸水性の良いインナーを着るのがいいというのは知っている方も多いと思います。

臭いの原因となる汗を素早く吸収してくれるので、ワキガ臭が拡散するのを防いでくれます。

 

 

しかし、衣類の吸水性が悪くなり過ぎるてしまうと、汗を吸わず体が蒸れて臭いが発生しやすくなるのですね。

(柔軟剤を使うとタオルがあまり水を吸わなくなるという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?)

 

元々、柔軟剤は洗濯のたびに使う必要もありません。

3回に1回位で十分なのです。

なので、もし使いすぎてるなと感じたら、しばらく柔軟剤を使うのをやめてみてください。

洗剤のみで洗濯することで、柔軟剤を徐々に落とすことができます。

 

臭いの付いた衣類の洗濯方法

通常の家庭用洗剤だけでは洗浄力として不十分です。

じゃあ衣類についたワキガ汚れはどうすれば落とせるのでしょうか?

実は意外と簡単で、いつもの洗濯にちょっとした工夫をするだけなんです。

 

お湯で洗濯

洗濯を水ではなく、お湯を使って行う方法です。

なぜ水洗いで臭いが落ちにくいのかと言うと、皮脂によって臭いの成分がコーティングされているからです。

油汚れって水ではなかなか落ちないですよね?

なので40℃位のお湯で洗濯することで効率よく汚れを落とすことができます。

毎回はお湯がもったいない、、、

そう思う方は、洗濯機に入れる前に気になる所だけお湯で手洗いするだけでも全然違いますよ。

 

重曹を使う

通常の洗濯をする前に、重曹を溶かした水に気になる部分を一晩浸け置きします。

分量は、500mlの水に、大さじ1杯の重曹です。

重曹(炭酸水素ナトリウム)は弱アルカリ性で、ワキガ臭の原因となる成分(酸性)を中和して無臭化する効果があります。

 

セスキ炭酸ソーダを使う

上記の方法で重曹の代わりにセスキ炭酸ソーダを使用してもオッケーです。

同じく弱アルカリ性なので、ワキガの汚れを落とすのに効果的です。

 

酸素系漂白剤(粉末)を使う

酸素系漂白剤を規定量入れたお湯(30〜40℃)に、30分程付け置きしてから洗濯します。

酸素系漂白剤(粉末)も弱アルカリ性です。酸素の力で汚れを包み込んで分解してくれます。(液体のものは弱酸性になります)

さらに漂白剤なので、もともと除菌、消臭効果があります。

重曹やセスキ炭酸ソーダと比べても、最も効果を発揮する方法です。

注意点としては、使用前に衣類が色落ちしないか確認することですね。

 

こまめに洗濯

基本的なことですが、

衣類に臭いを残さないためにはできるだけ毎日洗濯します。

時間が経てば経つほど、臭いの成分は繊維の奥に入り込んで落としにくくなるのです。

また、他の洗濯物に臭いが移ってしまうのも防ぐことにも繋がります。

 

臭いをつけないことも大切

やはり一番は衣類に汗を染み込ませないことが大切です。

お気に入りの衣類、特になかなか毎回洗濯できないカーディガンなどを着るときは注意しましょう。

脇汗パッドを使用する、汗拭きシートでこまめに拭き取るなどして、

できる限り衣類に汗をつけないことが最も重要です。

 

まとめ

衣類についたワキガの臭いは、簡単に隠せるものではありません。

柔軟剤でごまかそうとするのではなく、しっかり洗濯して汚れを落とすなどして原因を根本から絶つことが重要です。

また、洗濯もほんの一手間加えることで、随分汚れを落とすことができます。

ワキガ対策はできることがたくさんありますので、色々試して自分にあった方法を見つけてみてください!




---------------------------------------------------------------------------------------

僕は26歳まで全く彼女ができませんでした。

ワキガのせいで「清潔感」がなかったんです。

たかがワキガで?
そう思われるかもしれません。

でも女性は臭いにとても敏感です。
男性なら気にしない体臭でも
「不潔」だと嫌われてしまうことだってあります。

実際、僕も
学生時代はワキガが原因で女子に避けられていたし、
好きな人からも相手にされませんでした。

そんな自分に劣等感を感じずにはいられなかったです。

周りはみんな彼女がいるのにどうして自分だけ、、、
僕はもう一生このままなのかもと絶望しました。

しかし、あることがきっかけでワキガの悩みが消え、
女性と接することが全く怖くなくなりました。

ワキガを克服したことで、
女性からの評価をガラリと変えることができたのです。


おかげで僕はかわいい彼女を作ることもでき、
とても楽しい日々を送ることができています。

そして同じワキガの悩みを持つ友達にも
僕の知識を教えたあげたら
ありがたいことにすごい感謝されております。

このことからも
手術をしなくてもワキガの悩みは解決できるのです。

僕がコンプレックスを解消できた秘密は、下記のリンクからどうぞ。
↓      ↓      ↓      ↓      ↓

きよまろが人生を変えた方法


---------------------------------------------------------------------------------------