ワキガだと毎日会社に行くのも辛いですよね。

オフィスという締め切った空間の中では、ワキガ臭はあっという間に充満してしまいます。

たとえ仕事ができる人でも、臭いのせいで周囲から嫌われたり、評価を下げてしまったりなんてことにもなりかねません。

私も汗をかいた後は「今臭くないかな…」と同僚の反応ばかり気になってしまって、仕事に支障が出てしまうことがよくありました。

これでは精神的にも参ってしまいますよね。

そこで今回は、職場での自分の臭いを気にしなくてもいいように、誰でもすぐに実践可能な6つの対策を書いていきたいと思います。

 

インナー選びに気をつける

肌着なんてなんでもいいと考えてしまいがちですが、実はとっても重要です。

なぜなら、ワキガの原因の多くは「衣類に蓄積した臭い」だと言われているからです。衣類にはたくさんの汗の成分が染み込んでおり、非常に雑菌が繁殖しやすい(=臭いやすい)環境になっているのです。

つまり、直接肌に触れるインナーに雑菌が繁殖しにくいようにすることがポイントになります。

オススメは吸湿性、通気性の高い「コットン100%」のインナーを着ることです。汗をしっかり吸い取りますが、優れた通気性があるため衣類を清潔に保ってくれます。

反対に、ポリエステルなど化学繊維のインナー(特に冬場の発熱系インナーなど)を着ていると、吸水性、通気性が低く蒸れてしまい、臭いやすくなります。

もちろん、脇汗を吸わないタンクトップもNGです。

インナー選びはワキガ対策に一番重要と言っても過言ではないので気をつけましょう。

 

【衣類のケアも大事】

ワキガ汗に含まれる成分は衣類の奥まで入り込みやすく、通常の洗濯では落ちにくくなっています。そうなると着る前から臭うなんていう状態にもなりかねません。

しっかり汚れを落とすためには、

  • 必ず毎日洗濯をする
  • お湯で脇部分だけでも手洗いする
  • 洗濯前、酸素系漂白剤で30分程つけ置きする

など洗濯方法にも気を使うことが大切です。

 

汗をかいたら早めのケアを

汗はかいてすぐだと「無臭」です。

時間が経つにつれ、汗に含まれる成分が皮膚の常在菌によって分解されることで臭いが発生するのです。

つまり、汗をかいたらこまめにケアをすることで、雑菌の繁殖を予防し、かなりの臭いの発生を抑えることができるということです。

「臭いな」と感じる前に、ケアをすることがポイントですから、
トイレなど席を外す時にこまめにウェットティッシュや濡らしたハンカチなどで拭き取りましょう。

そうすることで脇の下を、常に清潔で臭いにくい環境に保つことができます。

 

無香料のデオドラントを使う

「この制汗剤の匂いが爽やかで好きなんだ!」という人も多いと思いますが、どんなにいい香りでもワキガと混じってしまうと悪臭に変わります。

それだけでなく香りの強い香料は、ワキガの臭いをわざわざ周囲に拡散してしまう原因になってしまいます。

そして当の本人は臭いに全く気がついていないというパターンもありますから、考えただけでもゾッとしますよね…

ワキガ対策にデオドラントを使うのは必須ですが、選ぶときに必ず「無香料」のものを選ぶように気をつけるようにしましょう。

もちろん香水をつけるのもNGです。

 

タバコやコーヒーは控えめに

仕事の休憩にタバコを吸う人は多いと思います。

自分では気がつかないかもしれませんが、タバコを吸う人は臭いが衣類や体に染み付いてしまっているんですよね。

そうなると当然、ワキガと混ざりキツい臭いを発してしまうことになります。

 

さらにニコチンは「中枢神経興奮剤」と呼ばれ交感神経を活性化させる働きがあります。その結果、汗腺が刺激され発汗量が増えてしまうということに繋がるのです。

また、コーヒーに含まれるカフェインも同様の理由で発汗を増やしてしまいます。

コーヒーも少量ならいいですが、1日に何杯も飲むのは危険です。カフェインを含まない「ルイボスティー、ハーブティー」などに置き換えるとリラックス効果もありおすすめですよ。

 

リラックスを心がけて

プレッシャーを感じると脇汗が急に出てきませんか?俗にいう冷や汗ですね。

あの汗は「精神性発汗」と呼ばれており、汗の成分にタンパク質やアンモニアなど「臭いの原因となる物質」をたくさん含んでいます。

 

つまり、仕事で焦ったり腹が立ったりするほど、ますますワキガの臭いが酷くなる悪循環に陥るわけです。

イライラしたら深呼吸して、空を眺めて一息つくなんていうのもワキガ対策には案外効果的なんですよ。

でも忙しい現代人にとって、これが一番難しいかもしれませんね。

 

潔く着替える

どんなに気をつけていても、一生懸命働いていたら汗びっしょりになってしまうことはありますよね。

そんな時は誤魔化そうとするのではなく、面倒でも着替えてしまいましょう。一度かいた汗をリセットできますし、さっぱりとした気分で仕事に取り組めます。

また、その方が身だしなみに気を使える大人として周囲からも好印象ですよ。

私はどうしてもの時用として、自分のロッカーにシャツとインナーの着替えは常備していました。いざというときは「持って来ていてよかったー」と思いましたね!

 

まとめ

ワキガに悩む人は多いですが、一つ一つ原因を探って対策をしていけばかなりの臭いを抑えることが可能です。

臭いを抑えるだけで、自信がついて仕事の成績が上がった、上司や同僚との関係が上手くいくようになったという話もありますから、ぜひしっかりと対策をしていきたいですね。




---------------------------------------------------------------------------------------

僕は26歳まで全く彼女ができませんでした。

ワキガのせいで「清潔感」がなかったんです。

たかがワキガで?
そう思われるかもしれません。

でも女性は臭いにとても敏感です。
男性なら気にしない体臭でも
「不潔」だと嫌われてしまうことだってあります。

実際、僕も
学生時代はワキガが原因で女子に避けられていたし、
好きな人からも相手にされませんでした。

そんな自分に劣等感を感じずにはいられなかったです。

周りはみんな彼女がいるのにどうして自分だけ、、、
僕はもう一生このままなのかもと絶望しました。

しかし、あることがきっかけでワキガの悩みが消え、
女性と接することが全く怖くなくなりました。

ワキガを克服したことで、
女性からの評価をガラリと変えることができたのです。


おかげで僕はかわいい彼女を作ることもでき、
とても楽しい日々を送ることができています。

そして同じワキガの悩みを持つ友達にも
僕の知識を教えたあげたら
ありがたいことにすごい感謝されております。

このことからも
手術をしなくてもワキガの悩みは解決できるのです。

僕がコンプレックスを解消できた秘密は、下記のリンクからどうぞ。
↓      ↓      ↓      ↓      ↓

きよまろが人生を変えた方法


---------------------------------------------------------------------------------------