近年「スメルハラスメント」が社会問題化しており、自分の体臭に気を配ることはエチケットの一つになっていますね。

自分の臭いはわからないことが多いですから、気をつけているつもりでも周囲から「臭い」、「近づきたくない」と思われてしまっている可能性もあります。

ワキガが原因で、人間関係を悪化させてしまったり、大好きな人からフラれてしまったりしたら笑えませんよね…

この記事を書いている私も、長らくワキガに悩まされ色んな方法を試してきました。

そして、体質改善とデオドラントを使用することの両側からアプローチしていくことでワキガはかなり抑えられるなと感じています。

そのために、具体的にどんなことに気をつければいいのか?ということについて紹介していきたいと思います。

 

汗の成分(=生活習慣)を変える

汗の成分は生活習慣と密接に関係しています。体調などが悪いときは、それに伴い汗の臭いもキツくなりますよね。

逆に言えば日々の生活を整えることで、汗の成分中に臭いの原因物質を少なくすることが可能です。

では汗の成分を変えるためには、どういったことに気をつければいいのでしょうか?

食生活を見直す

焼肉や揚げ物、甘いものなどは美味しくてついつい食べ過ぎてしまいますよね。

しかし、動物性タンパク質や脂質の多い食事は、汗の成分を臭いやすいものに変えてしまうのです。

タンパク質を分解する過程で発生する「アンモニア」や、皮脂腺から過剰に分泌された「皮脂」などが汗と一緒に排出されてしまうことが原因です。

他にも、「臭いの強いニンニクやネギ」、「アルコール類」、「乳製品」なども取りすぎに注意しましょう。

 

オススメは和食中心の食生活ですが、

などを意識して摂ることで、汗の成分を臭いにくいものに変えることができます。

 

汗腺を鍛える

汗腺の働きが衰えてしまうと、暑くても汗をかけない体質になってしまいます。

特に空調の効いた部屋で過ごすことの多い現代人は、汗腺の働きが衰えていると言えます。

「汗をかかないんだったら臭わなくていいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、汗腺が衰えてしまうといざ汗をかいた時、成分の濃い臭う汗を分泌してしまうのです。(本来体に再吸収されるミネラル分を多く含む汗をかくため。)

それに、暑い時に汗をかくというのは人間の体温調整機能として大切なことです。

必要な時はちゃんと汗をかくけど、健康的で臭わない汗をかけるようにすることが理想的ということです。

そのためには適度に汗をかき、汗腺の働きを正常に戻してやる必要があるのです。

適度な運動

適度な運動を習慣づけることが最も効果的です。ウォーキングなどの有酸素運動が体温を上昇させて発汗を促します。続けることが重要なので、無理のないペースで行いましょう。

最初は疲れるかもしれませんが、汗腺が正常に働き始めるといい汗をかけるようになるので疲れにくくなってくるはずです。

 

湯船に浸かる

「運動は大変…」と言う方は、お風呂に入る時シャワーだけでなく、湯船で半身浴をするようにすると効率的に汗をかくことができますよ。

38℃〜40℃位のぬるめのお湯で20分程度を目安に行いましょう。入浴の前後で水分補給を忘れないようにしてくださいね。

 

 

ストレス汗を減らそう

発汗は自律神経によってコントロールされています。

自律神経は私達の体(体温調整、呼吸、消化活動)などあらゆる働きを調整するため24時間働いています。しかし、自律神経はストレスにより乱れてしまいます。結果、交感神経が活性化して必要のない発汗が促されてしまうのです。

「最近汗をたくさんかくんだよな・・・」と感じている方は、なんらかの原因で自律神経が乱れてしまっているということも考えられます。

乱れた自律神経を整えるためにはどうすればいいのでしょうか?

ストレスを溜めない

現代社会ではあらゆる刺激が溢れており、自律神経が疲れ切っていることも多いです。

仕事で上手くいかない時、将来に対して不安がある時、様々なストレスが重なり合って、知らないうちに自律神経が乱れて発汗量が増えやすくなっています。

わかりやすい例が、イライラとしている時は「精神性発汗(冷や汗)」により一時的に汗の量が急激に増えてしまいますよね。

特に、真面目な人、完璧主義な人ほど注意が必要だと言われています。健康のためにも「適度にサボる」ことは悪いことではありません。

ストレスが溜まっているなと感じたら、コーヒーを飲むなどして休憩しましょう。また、たまには休日に予定を入れずゆっくり過ごすなども自律神経を休ませるためには効果的です。

 

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスの乱れも自律神経を狂わせてしまう原因です。

なぜなら、ホルモンの分泌と自律神経の調整は同じ「脳の視床下部」にコントロールされているからです。互いに影響し合っており、どちらかが乱れるともう片方も悪影響を受けてしまいます。

「最近なぜだか体がだるい、疲れやすい」という方は、ホルモンバランスが乱れているのかもしれません。

特に女性の方は、更年期や生理の時期にホルモンバランスが乱れ、発汗が増えるということがあります。

また、一般的に歳を取るほどホルモンバランスは乱れやすくなります。

食事や運動に気をつけることはもちろん、規則正しい生活リズムを送ること、睡眠の質を高める工夫をすることなどが重要です。

 

 

デオドラントを正しく使う

デオドラント商品を使うことは性別年齢を問わず常識となりました。

しかし、正しい知識を持って使用しなければしっかりと効果を発揮できないばかりか、逆効果になることさえあります。

意外と知らない人が多い、デオドラントの正しい使い方を紹介します。

1. 汗拭きシートで汗を拭き取る

まずはかいてしまった汗を拭き取りましょう。雑菌の湧いた不潔な状態の皮膚をまずはリセットする必要があります。汗拭きシートがなければ、ウェットティッシュや濡らしたハンカチでも構いません。

2. デオドラントを塗る

脇の下を清潔にしたら次はデオドラントを塗っていきます。特にロールオンタイプだと、サッと塗っただけではまだらになってしまうことが多いです。制汗成分が「脇の汗腺全て」に働くように、まんべんなく塗るようにしましょう。
この時、脇毛を剃るか短くカットしておくとかなり塗りやすくなりますよ!

 

注意

制汗剤は「無香料」のもの選ぶようにしましょう。香りでごまかすタイプだと、ワキガの臭いと混ざり余計に臭くなってしまうことが多いからです。
また、一般的に香料入りは刺激が強いので肌荒れもしやすくなります。

 

衣類のケアも大切

実は衣類もワキガの大きな原因の一つです。

汗の成分、皮脂汚れなどは、衣類の繊維の奥まで入り込んでしまうとなかなか落とすことができないのです。

「いくらケアをしてもワキガ臭い」と悩んでいる方は、衣類から臭いが発生している可能性は高いです。洗濯方法を見直し、定期的に衣類のケアをすることが重要です。

 

まとめ

ワキガは色々と苦労することも多いですよね。でも、日々の生活の中でちょっとしたことを見直していくだけでも臭いはかなり軽減されていきます。

おかげで私は、ワキガであっても清潔感のある印象を持たれることが多くなりました。

そのためには、できることから少しずつ実践していくことが大切ですよ!




---------------------------------------------------------------------------------------

僕は26歳まで全く彼女ができませんでした。

ワキガのせいで「清潔感」がなかったんです。

たかがワキガで?
そう思われるかもしれません。

でも女性は臭いにとても敏感です。
男性なら気にしない体臭でも
「不潔」だと嫌われてしまうことだってあります。

実際、僕も
学生時代はワキガが原因で女子に避けられていたし、
好きな人からも相手にされませんでした。

そんな自分に劣等感を感じずにはいられなかったです。

周りはみんな彼女がいるのにどうして自分だけ、、、
僕はもう一生このままなのかもと絶望しました。

しかし、あることがきっかけでワキガの悩みが消え、
女性と接することが全く怖くなくなりました。

ワキガを克服したことで、
女性からの評価をガラリと変えることができたのです。


おかげで僕はかわいい彼女を作ることもでき、
とても楽しい日々を送ることができています。

そして同じワキガの悩みを持つ友達にも
僕の知識を教えたあげたら
ありがたいことにすごい感謝されております。

このことからも
手術をしなくてもワキガの悩みは解決できるのです。

僕がコンプレックスを解消できた秘密は、下記のリンクからどうぞ。
↓      ↓      ↓      ↓      ↓

きよまろが人生を変えた方法


---------------------------------------------------------------------------------------