初めまして、きよまろと申します。

 

これからお話するのは、

人生の半分以上を強烈なワキガ体質によって苦しんでいた僕が、

あることによってワキガを克服できたことで、

自分に自信が持てるようになって人生が好転し、

26歳の時、念願だった初めての彼女をつくることができた話です。

 

まず、簡単に僕の紹介をさせてもらうと、

 

現在27歳で独身。

食品メーカーで営業職をしています。

 

仕事は楽しくて、営業成績は社内で常に上位に入っています。

給与の他にインセンティブをもらうこともあり、

上司からは、若手のエースなんて言われたりしてますね笑

 

仕事が順調なので、残業や休日出勤も基本的にありません。

職場の人間関係にも恵まれ、

ストレスフリーな日々を過ごせています。

 

 

そしてプライベートでは、

付き合って1年になるかわいい彼女がいます。

 

芸能人で例えると、「吉◯里帆」に似てると言われ、

 

写真を見せると「マジ?めっちゃかわいいじゃん!」

とみんなからイジられますw

 

休日はその彼女と、

おしゃれなカフェ巡りをしたり

人気の温泉宿に旅行に行ったり、

 

色んなところへ出かけてリフレッシュしています。

やっぱり彼女といるだけで楽しい時間を過ごせて、

仕事の疲れも癒されますね!

 

 

こんな感じに仕事もプライベートも毎日充実してて、

 

人生最高だなーって思います。

 

で、このように書くと、

この人、小さい頃から勝ち組で人生楽しんでんだろなー

 

みたいに思われるんですけど、

 

以前の僕は自分に自信がなくて何をしてもダメダメでした。

 

彼女を作ろうにもコミュ障だったので会話すらできなかったし、

仕事でもミスして怒られてばかりで、

自分のことが大っ嫌いだったのです。

 

というのも、僕は思春期以降、ワキガに悩まされ続けていたからです。

 

ワキガが原因で、中学時代に女子から集団で無視された経験がきっかけで、

自分に自信をなくしてしまいました。

 

僕はみんなからクサいと思われてるんだ・・・

 

そうやって怯えて過ごすうち、

とても消極的な性格になってしまいました。

 

何もしなくても脇の下にいつも汗をかいていたので、

極力汗をかかないよう、休み時間は教室の隅で過ごしてました。

(本当はみんなと外でサッカーとかしたかったです。)

 

学校では周りの友達もみんな彼女がいて、

いつも僕だけ取り残されたような気分でした。

 

当然、女子と仲良くなりたかったけど、

女子に対する恐怖心が強過ぎて、近づくことすらできなかったのです。

 

どれくらいかと言うと、

体育祭のフォークダンスが苦痛すぎて当日ズル休みしたくらいです(泣)

 

だから高校時代は、3年間女子と喋った記憶がほとんどありません。

当然彼女なんてできませんでした。

 

休日でさえ、ワキガのことばかり気になります。

遊びに出かけてもふわっと自分のワキガが臭ってくるたび、

どんなに楽しい気分も一瞬で台無しになりました。

 

数少ない友達にも、

実はクサいって思われてるんじゃないだろうか・・・

 

ビクビクしながら接していたので、

心を開いた付き合いができませんでした。

そのため本当に信頼できる友人もいませんでしたね、、、

 

このようにいつもワキガのことで頭がいっぱいで、

青春とは無縁、暗黒の学生時代を過ごしました。

みんな当たり前に学校生活を楽しんでるのに。

 

どうして僕の人生は何一つうまくいかないんだ??

 

それに、ただ存在するだけで周りに迷惑をかけている。

 

そう考えるといつも辛かったです。

 

この時に身についた強い劣等感やコンプレックスは中高ずっと続きました。

 

そして大学時代は好きだった女の子にワキガがきっかけでフラれ、さらに劣等感とコンプレックスは深まりました。

 

あの時はかなりショックを受けて、しばらく学校も行けなくなりました。。。

 

社会人になってからも、

ワキガが気になって仕事に支障が出まくります。

 

仕事のプレッシャーが加わり、常に緊張状態。

だから脇汗と臭いのケアに必死でした。

 

1日に何度もトイレに行き、

こそこそ臭いのケアをしていたので、

職場では変な奴と思われてたことでしょう・・・

 

ワキガがバレないようにと考えるあまり周りとも打ち解けられず、

仕事の相談もできなくてミスばかり。

 

毎日残業続きでした。

 

こうやって何をしててもいつもワキガに悩まされ、

自分に全く自信が持てないまま26年間生きてきました。

 

 

しかし、僕の人生はあるアイテムがきっかけで

これまで苦しめられていたワキガを克服することができ、人生が激変しました。

 

性格が明るくなって、人と関わるのが楽しく感じるようになりました。

 

仕事でも積極的になれたことで、

営業成績も上がり、上司からの評価もめっちゃ上がりました。

 

休日も以前なら、人に会うのを避けて引きこもりがちでしたが、

現在は、友人と釣りに出かけるなど、

趣味も増えて、充実した時間を過ごせるようになっていきました。

 

そして何より圧倒的に嬉しかったのが、

女性にモテるようになったことです。

 

清潔感を得たことで女性からの評価が激変し、

念願だった、初めての彼女を作ることができたのです!!!

 

26歳で僕にもようやく春がきたのです!

以前はモテるどころか女性恐怖症で、

仕事の会話だってまともにできなかったのに。

 

もちろん、顔も別にイケメンじゃありません。

自分では中の中か、ちょい下くらい?だと思っています。

 

それでも今では女性の方からラインを聞いてきたり、

彼女さんとかいるんですか??

とかアプローチされることも増えました。

 

本当に信じられません!

 

このような状況からも、

ワキガを克服したことで、今では劣等感やコンプレックスがなくなり、

自分に自信を持つことができるようになりました。

 

昔の同級生に偶然会うと、

「きよまろ??なんか雰囲気変わったなー、全然わからなかったわ!」

と(いい意味で)驚かれますw

 

自分でも思います。

昔と違って前向きな性格になったなあって。

 

女性に対するコンプレックスが無くなったことで

モテるようになるだけではなく、

自分に自信が付いて

色んなことにチャレンジできるようになりました。

 

大げさですが、世界が広がったと感じています。

 

そしてこれまでの僕のように、

ワキガのせいで恋愛を諦めて生きている人、

毎日を消極的に生きている人に、

ワキガを克服できたら人生変わるよ!

と言うことを発信していきたいと思っています。

 

そして、僕がこのような活動をする上で、僕の過去の経験を共有しておくとより理解しやすくなるし、僕のブログの内容を理解しやすくなります。

なので、ここから少しばかり僕の過去の物語を共有していこうと思います。

 

ーーーーーきよまろの過去のお話ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

バスケが好きだった中学時代 ワキガが原因で退部へ

昔からスポーツが大好きだった僕は、

中学時代バスケ部に入っていました。

 

僕の学校のバスケ部は、男女合同で練習をしていました。

毎日蒸し暑い体育館で、

汗だくになりながら練習していたのを覚えています。

 

学年も2年になってからは、

レギュラー目指して、さらに熱を入れて練習に励んでいました。

 

そんなある日の練習。

僕は外でのランニングを終え体育館に戻ってきました。

 

入り口付近では女子部員が3人立ち話をしていたのですが、

僕が体育館に入ろうとすると、

チッと舌打ちをしたのです。

 

えっ、舌打ち??と驚いて、

 

何??

と聞くと、

 

別に。(わかるだろ?みたいな感じで)

と一言だけ。

 

しかし、その時の3人の目は、睨むような感じで僕を見ていました。

 

僕は思い当たることがありませんでした。

そして、その日から明らかに部内の女子の態度が変わったのです。

 

練習中、僕が近づこうとするとすーっと離れて行ったり、

「お疲れー」と声をかけても無視されたり。

この間まで普通に話をする仲だったのに。

 

どうしてだろう。。。

みんな絶対俺のこと避けてるよな??

 

そんな辛い状況が1ヶ月ほど続きました。

 

耐えきれなくなった僕は、

勇気を出し、部内で一番の友人に相談することに決めました。

 

僕が避けられていることは友人も気づいてたようでした。

そして申し訳なさそうに口を開き、

 

「きよまろ、ごめん。あんまり言いたくないんだけど、、

最近、きよまろが練習中ワキガ臭いっていう話があって、

特に女子がめっちゃ言ってる

早めになんとかしないとガチで嫌われると思う。」

 

と、僕に冗談抜きのアドバイスをくれたのです。

 

最初は友人の言っている意味が理解できませんでした。

 

えっ? 

何言ってんの??

 

いやいやいや、 

俺がワキガってこと??

嘘でしょ?!!

 

 

予想もしなかった言葉を聞いて、

僕の頭の中は真っ白になりました。

 

パニックで頭の中の整理ができず、、、

その日は練習に全く身が入りませんでした。

 

練習が終わり、

自分が着ていたユニフォームの脇部分をよく臭ってみると、

 

「うっつ、、、クサっ!」

 

すっぱくて鼻にツンと来る感じの、ネギみたいな臭いでした。

 

なんで今まで気がつかなかったんだろう、、、

きっと自分ではいつも臭っているから、汗とはこんな臭いだと思い込んでいたのです。

 

そういえば思い当たる節もあって、

最近になって脇毛がたくさん生えてきてたし、

練習着の脇だけが黄ばんだりして不思議に思っていました。

 

現実を受け入れると同時に、

嫌がらせの原因は自分にあったことを理解しました。

その日僕は人生で一番落ち込んだと思います。

 

部の女子から「クサい奴」と言われて、

影でこそこそ噂されたり、

バカにされたり、

きっと変なあだ名とか付けられてたんだろうなあ、、、

 

考える程自分が恥ずかし過ぎて、

みんなにも申し訳なくて、

頭がおかしくなってしまいそうでした。

 

その日の夜は食事も喉を通らなくて、

自分の部屋に籠ってワンワン泣いたのを覚えています。

 

また、自分の臭いを意識し始めてからというもの、

練習に行くのが怖くなりました。

 

特にバスケはたくさん動くし、

ノースリーブだから汗や臭いを隠せません。

 

そんなだから周囲からは手を抜いていると思われていたみたいで、

注意されることもしばしば。

次第に練習に行きづらくなり休むことが増えました。

 

ついに顧問の先生から職員室に呼び出され、

「大会も近いのにやる気がないなら辞めてしまえ!」

そう言われた僕は、何も言い返すことができませんでした。

 

「実はワキガ に悩んでて、、」なんて言えるはずもなく、

本当は大好きで続けたかったバスケ部を

辞めることになってしまったのです。

 

 

青春とは無縁の高校時代 深まるコンプレックス

高校生では運動部は諦めて、帰宅部でした。

でも運動をしなくなったからといって、ワキガは治りません。

 

逆に、体に老廃物が溜まっていたのか、

さらにワキガがキツくなったように感じていました。

 

毎朝片道20分、自転車で通学していたのですが、

学校に着く頃には脇の下は汗びっしょり。

 

みんなに見つかったら、イジメのターゲットになりかねないです。

バレないように早めに登校して、

トイレでこっそり汗拭きシートを使っていたのは苦い思い出です。。。

 

だから休み時間も極力汗をかかないようにして、

教室の隅で、大人しいグループに属して過ごしてました。

 

また、僕の高校は女子生徒が多い学校だったので、

周りのみんなはほぼ彼女持ちでした。

 

友達に「彼女なんでいないん?」と聞かれると、

「中学の頃1ヶ月だけいたけどさ。めんどくてすぐ別れたわー。」

 

みたいに、俺は彼女作らない主義だから的なことを言ってました。

実際は彼女なんていたことなかったし、

中学のバスケ部の一件以来、女子とは緊張して話せなくて、

女友達さえいませんでした。

 

そんなんでどうやって彼女ができるんだよって感じですよねw

 

そんなバレバレの嘘とは裏腹に、

本音は「めっちゃ彼女欲しい!!羨ましい!!」と思ってました。

 

だからこそ高校では、

 

ワキガってことがバレたら終わりだ・・・

ワキガに彼女なんてできるわけないんだから

 

そう思って、ネットとかで色々調べまくって、

自分でできるケアは全力で行ってました。

 

・朝と夜、1日2回のシャワー

・酢やミョウバンを入れた半身浴で汗を流す

・日中3回は汗拭きシートで体を拭く

・肉やお菓子を控えて体質改善に取り組む

・夜更かしはせず毎晩10時に寝る

・汗をかかないように学校では廊下も走らない

 

などなど、

 

昼食も友達は学食でカレーやフライドポテトとか、

おいしいものを好きなだけ食べてるのに、

僕の弁当(母に頼んで作ってもらった)は

ゆで野菜、玄米、魚類などが中心の超ヘルシーメニュー。

 

体質改善のためとはいえ、

ラーメンとか、こってり大好きの僕には辛過ぎましたね…

 

 

また、市販のデオドラント商品も色々試したけど、

どれも効果に持続性がありませんでした。

 

それよりも僕は皮膚が弱く、

刺激が強いものを使うと炎症を起こして痒くなります。

使い過ぎからかきむしって血が出てしまうことがよくありました。

 

そうなると、

塗ったら染みる→でも塗らないと臭い

という負のスパイラルに陥ってしまい最悪です。

もうどうしたらいいんだよって感じで途方にくれました。

 

そんな僕を、ワキガではない両親は

「アホか、無駄遣いばかりするな」と、

全く理解を示してくれませんでしたね。。。

 

真剣に悩んでいるのに、親でさえ理解者になってくれない。

とっても辛かったし、いつも孤独でした。

 

こんな感じで、

僕の高校時代は青春とか、華やかなことは1つもないまま過ぎ去りました。

常にワキガと向き合い続けて、

劣等感とコンプレックスが深まっただけ。

今思い返しても本当にイケてないなぁ…と思います。

 

しかし、そんな僕にもチャンスが訪れます。

 

 

大学時代 念願の初デート!結果は・・・

大学生になっても、相変わらず浮いた話の一つもありません。

 

恋愛経験のなかった僕は、

友達が恋バナを楽しそうにしていても輪に入れないのが辛かったですね。

 

そんな僕を見かねた友人が気を利かせて、女の子を紹介してくれます。

同じ大学の女の子で、

小柄で落ち着いた感じの女子でした。

 

普段ならコミュ障の僕はまともに目も見れないのですが、

映画が共通の趣味という偶然もあって、意外にも話が弾みました。

 

何より僕がつまらないことを言っても、

「そうなんだー」とちゃんと話を聞いてくれて、

僕はその子のことを好きになってしまいましたww

 

そして話の流れから、2人で映画に行こうよということになったのです!

 

まさかの展開過ぎてビビりました。

こんなことってあるの?!って。

僕にとっては「念願の初デート」です。

 

生きててよかったなあぁぁ(泣)

僕は嬉しくて舞い上がっていましたw

 

そして、

このチャンスを逃したらもう一生ムリかもしれない・・・

 

と、相当に意気込んで迎えたデート当日。

 

「なに話したらいいんだろう??」

「彼女いない歴=年齢とか言ったら引かれるかな、、、」

 

初めてのデートはわからないことばかりです。

せっかくなんだから楽しめよと思いますが、

不安と緊張でガチガチ。

 

女性と2人きりという状況に、僕はプレッシャー感じまくってました

 

こんなに緊張したの生まれて初めてかも、、、

 

デートが始まったばかりなのに、

気づけばもう脇汗でTシャツがびっしょりとしてきていました。

 

この日は暑かったこともあり、すぐに臭ってくるだろうと予想できました。

 

そんな状況の中、映画館で女の子の隣で2時間以上座ってないといけない。

 

絶対ムリだろ・・・

ワキガがバレたら終わりだ!!

 

完全にテンパってしまった僕は、

楽しみにしてた映画の内容なんて1ミリも入ってきません。

むしろ早く映画終わってくれ!!と思ってました。

 

僕は映画中に何度も席を立っては、

トイレに駆け込んで汗を拭き、

自分の脇が臭くないかを確かめました。

 

映画館を出た後、

「あんまり..面白くなかった?」

と女の子にも気を遣わせてしまい、気まずい空気に。

僕のあまりの落ち着きのなさ(笑)にそう感じたのでしょう。

 

その後もワキガがバレないようにするあまりぎこちなく、

僕の初デートは散々な結果でした。

 

後日、その子は別の男と付き合うことになり、

最終的に僕がフラれる形で終わりました。。。

 

こんなチャンス2度とないかもしれないのに、、、

 

僕は本当にどうしようもない奴だ・・・

 

しかも他の男に取られるっていう最悪のパターン。

 

その子の彼氏は、決してイケメンではないもの、

ワキガとは無縁そうな、清潔感のある男子でした。

 

僕は悔しくて、これまで以上に自分に自信をなくしてしまいました。

 

そして、楽しいはずの大学時代のほとんどを、

6畳の狭いアパートに引きこもり、

ネットやユー◯ューブを見て過ごすことになります。

 

友人のSNSで流れてくる

「彼女と海に来てまーす!」

みたいな投稿を見ては卑屈になる日々。

 

もしも僕がワキガではなく、

あの時人生初めての彼女ができていたら、、、

 

そう思うと悔やみきれず、めちゃくちゃ切なかったですね。

 

 

社会人時代 ワキガで仕事もうまくいかない。手術も考えたけど・・・

 

大学時代引きこもりで、頑張ったこともなかった僕は

就活もうまくいなかったのですが、

なんとか新卒で一般企業に滑り込むことができました。

 

最初は内勤で、事務系の仕事をすることになりました。

 

しかし、ここでも自分のワキガが気になってしまい、

仕事に支障が出まくっていたのです。

 

社内で誰かとすれ違った時や、

仕事の相談をしている時、

相手が鼻をすする仕草や、咳払いなどをしているとどうしても気になります

 

特に女性の多い職場だったので気を使いました。

 

隣の席の同僚も邪を引いているわけでないのに、

僕が来た位から頻繁にマスクをするようになりました。

 

これって遠回しにクサいと言ってきてるんじゃないか・・・

 

僕は委縮してしまって、精神的におかしくなりそうでした。

 

だから会社ではなるべくみんなと距離を置くようにしてましたし、

給湯室とか備品倉庫とか、臭いがこもりそうな所には怖くて入れませんでした。

 

そんな状況なので当然仕事にも集中できず、

ミスを繰り返しみんなの前で怒られることも多かったです。

 

「きよまろは、仕事の詰めが甘い。もっと気合を入れろ!」

とよく注意されていました。

仕事の相談をしようにも社内で孤立気味でしたし、

相談できる人もいなかったのです。

 

3年目からは営業に異動になったのですが、

それからはもう散々でした。

 

数字に追われるという経験したことのないプレッシャーが増えて、

外回りから帰るといつも脇汗ビッショリになってました。

 

だからカバンの中には消臭スプレーや着替えを隠し持ち、

会社に戻る前には必ず自分の臭いをケアします。

 

夏場なんか、自宅へ寄ってシャワーを浴びて来ることもありました。

仕事中風呂入りに帰るってめちゃくちゃですよね、、、笑

 

取引先でトラブルが発生した時とか、

早く問題を解決しないといけないのに、

焦ってるから自分の脇汗もどうにかしないといけないと、

こんな時までワキガを気にしている自分が嫌になりました。

 

おかげで周りの足も引っ張るし、本当に申し訳ないなと感じてました。

毎朝仕事に行くのが苦痛で仕方なかったです。

 

いよいよこの頃から、手術をすることも真剣に考えました。

でもほんとに上手くいくのか不安で、

口コミサイトでいろいろ調べました。

 

「術後は寝れないほど痛く、傷跡が残ってしまった」

「しばらくしたらワキガが再発した」

「男なのに脇毛が生えてこなくなって後悔してる」

「脇の固定や入院が必要で、仕事を何日も休んだ」

 

など失敗談もたくさん出てきました。

 

入院が必要となると会社や家族にも相談しないといけません。

 

何より、奨学金の返済が向こう何年も残っているのに、

高額な手術費を出すことは僕には不可能でした。

 

もういい加減にしてくれよ、、、

何もかもうまくいかないのは全部ワキガのせいだ。。。

 

人生もどん底だったそんな時、

ある商品との出会いが僕の人生を180度変えることになります。

 

ワキガが気にならないレベルに! ある商品との出会い

 

仕事は相変わらず上手くいかず、毎日残業ばかり。

帰宅後は何もする気になりませんでした。

 

はぁー、疲れたなぁ、、、

いつものようにぼーっとスマホをいじっていたところ、

偶然ある商品を見つけます。

 

最近とても売れているワキガクリームらしく、

「手術を考えてたワキガが治った!」

みたいなキャッチコピーと多くの体験談が紹介されていました。

 

ほんとかよw クソ怪しいな。

こんなんで治るなら誰も苦労しねーだろ。

 

正直、胡散臭いなと思いました。

今まで納得のいく商品に出会ったことのなかった僕は、

そんな言葉が信用できませんでした。

 

市販のものは持続性が弱くて、効果が薄かったです。

そのため、頻繁に塗り直さないといけないので肌が荒れてしまいます。

 

海外製の物とかは強力で、確かに脇汗が止まりましたが、

刺激が強過ぎてヒリヒリしました。

いくら効果があっても塗り続けられなければ意味がありません。

 

そんな感じで、僕は自分にあう商品を見つけることができませんでした。

刺激の少ない汗拭きシートをこまめに使うことや、

服が濡れたら潔く着替えるのが正解だと思っていたのです。

 

だからあまり期待せず読んでたのですが、

天然成分で無添加、無着色。

子どもや敏感肌、デリケートゾーンにも問題なく使えると書いてあります。

 

何それ、めっちゃ安全じゃん!

ちょうど肌に優しい制汗剤を探していた僕は興味が湧きました。

 

今使ってるやつも痒いんだよなぁ。。。

 

気に入らなかったら返品もできるのかー。

 

殺菌、消臭の両側からワキガにアプローチし、

効果の程は「第三者機関の検査で実証済み」と自信満々です。

 

いやいや、やっぱり怪しい…

そんな上手くはいかないだろ??

 

やっぱり疑いながらも、

当時藁にもすがるような思いだった僕は、

少しでも期待できそうなものは何でも試してみたかったのです。

 

ダメならすぐやめればいいし。

1本だけ注文してみることにしました。

 

そしてこれが、僕の運命を変えることになります。

 

数日後、

届いたその商品をさっそく夜お風呂上がりと、朝仕事に行く前、脇に塗ってみました。

乳液のような塗り心地でサッと肌に馴染みます。

全然刺激がなくていい感じだなと思いました。

 

そして無臭なのも嬉しかったです。

香料が気にならないから、

仕事中何回でも塗り直しできそうだなーと。

 

でも、肌に優しいと使いやすいんだけど、やっぱ効果は微妙なんじゃないか?

半信半疑だったので、

いつものように汗拭きシートや着替えをカバンに入れて出勤しました。

 

 

その日は昼食を摂る間も無いくらい忙しくて、

気づけばあっという間に夕方でした。

 

やっと一息だ、、、

あぁー、疲れたぁー。

 

その時はっとします。

 

ちょっと待て!?

今日汗拭きシート全然使ってないぞ???

 

忙しすぎて気づかなかったのですが、

あれだけ悩んでいた脇汗が今日はほとんど出ていないのです。

 

他の背中とかにはいつも通りの汗はかいていましたが、

クリームを塗った脇だけはあまり汗をかいていませんでした。

もちろん多少の汗はありましたが、

これまでみたいにシャツに大きな汗染みができることはなく、

自分で脇を臭ってみてもほとんどクサくなかったのです。

 

ええっっ?? なんで!?

 

こんなに臭わないのは初めてで、

わけがわからなくて、

今日は体調がおかしいのかも??と心配になったくらいです。

 

 

でも、たまたまではなかったのです。

 

その日からこの商品を使っていると、

今まで悩まされていた脇汗がほとんどなくり、

ワキガ臭も自分では感じなくなっていました。

 

しかも朝と夜にサッと塗るだけで、1日効果が続きました。

 

今までは1日に何度も着替えたり、汗拭きシートを使ったりしてたのに!

嘘のようでした。

 

そして、1週間ほど使用した頃にはさらに脇汗の量は少なくなってきていたのです。

もう汗拭きシートや着替えを持ち歩く必要もなくなっていました。

 

でも自分の臭いって自分じゃわからないんだよなぁ、、、

 

僕はそのことを経験からよくわかってたので、

周りの反応を観察することにしました。

 

以前は職場で、僕が近づくと鼻をすすったり、

咳払いをされたりということが多かったのですが、、、

 

それが明らかになくなっていると感じました。

 

外回りから戻った後でも反応は同じでした。

 

外回り後って、今までなら一番クサくてヤバい時間帯だったのに。

 

えっ!?

マジで大丈夫なのか??

 

狭い給湯室やエレベーター内に一緒にいても、周りは何も気になってないようでした。

 

この間も、会社の飲み会で若い女性社員と隣になってヤバって思ったけど、全然普通だったし。。。

 

もしかしたら、ホントに臭ってないのかも??

いやいや、たまたまかもしれない、、、

 

驚いたのが、上司が冗談を言いながら肩を組んできたことがあったのです。

今までならそんなこと絶対されなかったのにです。

 

クサくないかとヒヤヒヤしたけど、大丈夫みたいでした…

 

・・・・・・・・

 

信じられないけど・・・

 

コレ、、、マジでワキガ治ってるわ!!!!!

 

よっしゃあああああぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

 

中学の頃から苦しみ続けてきたワキガでしたが、

こんなにもあっけなく治ってしまったのです。

 

 

人生激変!! 彼女ができて自分に自信がつく

ワキガを克服してから、僕の人生は激変しました。

 

・1日に何回も使っていた汗拭きシートが必要なくなった。

・汗染みを気にしないおかげで、おしゃれな服を着れるようになった。

・電車やバスが混んでても気にせず乗ることができるようになった。

・好きだったラーメンを好きなだけ食べられるようになった。

・自分の臭いを気にせず、人と会話を楽しめるようになった。

 

でも何より、ワキガを克服したことで自分に自信がつき、

前向きな性格へと変わっていったのです。

 

もう前みたいに消極的に生きる必要はないんだ!

 

そう思うと、

会社でも「最近明るくなったね?」と言われるようになって、

仕事も捗るようになりました。

 

同僚(特に女性社員)からもよく話しかけられるようになったし、

毎日笑顔で過ごすことが増えていきました。

 

そしたらミスや残業もめっきり減って、

ダメダメだった仕事も軌道に乗り始めました。

 

上司からも、仕事への姿勢が変わったと評価されるようになり、

周りからも頼られるようになって、

気づけば職場に行くのが楽しくなっていたのです。

仕事にやりがいを感じたのは初めてのことでした。

 

 

プライベートも180°変わりました。

休日は、会社の同僚に誘われて遊びに行くことも増えました。

社会人になってから友達なんてほとんどいなかったのですが、

今では釣りやバーベキューなどいろんな趣味も増えました。

 

汗をかくことを気にすることなく、

思いっきり遊べるのはいつぶりだろう。

 

僕がアウトドアを楽しむなんて、、、

ワキガに苦しんでた頃は夢にも思ってませんでした。

今ではバーベキューで焼きそばを焼くのが得意になった程ですw

 

そして、ついにその時が来ます。

同僚が主催する合コンに参加することになるのですが、

そこで現在の彼女と出会いました。

 

僕の一目惚れでした。

昔の僕なら、自分なんてどうせ、、、

とアクションを起こすことはなかったですが、

勇気を出してラインを交換し、

2人でご飯に行くことになりました。

 

以前のように脇汗を気にすることなく、

映画を見たり、お茶をしたり、

素直にデートを楽しめました。

 

そして3回目のデートで告白し、見事付き合ってくれることになったのです!

 

 

うおおおおおおおおぉぉぉ!!!!!!!

ついにキターーーーーーーーーーーーーーーー!!!

 

って感じで、テンションマックスでしたねww

 

冒頭でも書きましたが、女優の「吉◯里帆」似でめっちゃ可愛いです。

 

正直彼女ができたことが一番嬉しかったですね。

 

このような積極的な行動ができるようになったのも、

ワキガを克服して自分に自信が持てたからに他なりません。

 

以前は女性の目を見て話すことさえままなりませんでしたからww

他にも数えればきりがありませんが、

それ位、僕の人生はワキガに悩んでいた時とは別人のように変わったのです。

 

 

 

ーーーーーきよまろの過去のお話はここまでーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

今になって思う。人間、清潔感は超大事!!

 

僕の物語はいかがでしたでしょうか?

 

僕は「ワキガを克服しただけ」で人生が別人のように変わりました。

 

以前の僕は、人と接することが苦手でした。

クサいと思われたらどうしようと、

自分のことばかり気になっていたからです。

 

でも今は、そんな心配する必要がなくなりました。

もうワキガなんて怖くないと思えるから、

人と会話をすることを純粋に楽しめるようになったのです。

 

そしたら性格も社交的に変わって、

初対面の人でも10分くらいなら会話が続くようになりました。

以前の僕なら考えられなかったことです。

 

おかげで人脈が広がったり、

上司に気軽に相談ができるようになったりして

仕事の面にも大いに役立っています。

 

こんな風に人と接するのが好きになったのも、

ワキガを克服する事ができたからです。

 

もし今もワキガで苦しんでいたら、

仕事は上手くいかなくて、

生活のためだけに泣く泣く働き、

休みの日も家でゲームをして寝るだけ。

 

当然、彼女もいなくて寂しい毎日。

そんな生活を過ごしていたことでしょう。

 

そして、どうして自分ばかりこんな目に会うんだろう、、、

と性格も卑屈なままだったと思います。

そりゃ運気も逃げるよなと。

 

そう考えるとホントに怖くなります。。。

 

でも今はワキガを克服して、

明るく前向きな性格に変わることができました。

ガラガラで退屈だった休日の予定は、今ではぎっしりです。

彼女と行きたいとこ、やりたいことがたくさんあって、

毎日が充実していてとても幸せです。

 

ワキガで苦しんできた26年間より、

ワキガを克服してからの方がたくさんの思い出ができました。

それくらい人生を楽しんでいます。

 

そして今になり思うのが、

人間、清潔感は超大事!という事です。

 

僕はワキガを克服して、清潔感を手にすることができました。

 

清潔感があるだけで第一印象って大きく変わります。

相手に好印象を与えることができると、

仕事でも上司や同僚とのコミュニケーションが捗ります。

 

営業とかは特に命ですよね。清潔感。

 

恋愛でも女子からの見る目が全く変わります。

合コンとか行くとめっちゃわかります。

 

清潔感がある。

たったそれだけで劇的に印象が良くなってモテるようになるんです!

 

そう考えると、清潔感ってめちゃくちゃコスパがいいと思いませんか?

 

そして周りからの評価が変わることで、

自分に対して自信を持つ事ができるようになります。

 

僕は自分に自信が持てるようになって、

ハキハキと相手の目を見て喋れるようになったし、

堂々と自分の意見を伝えることができるようになりましたから。

 

逆に清潔感がないと人生つまずきます。

 

不潔、クサいと思われたら相手にされないどころか嫌われますから。

 

過去の僕がまさにそうだったように。

「どんなに容姿が良くても臭いがキツイと恋愛対象にならない」という調査結果もあるくらいですから。

 

それで自分に自信もなくすし、誰かと会うのもイヤになる。

完全に悪循環ですよね。。。

 

過去の僕はワキガで清潔感がなかったことから

その悪循環から抜け出せずにいました。

 

おかげで自信もなくし、

人生損してたなあって思います。

ただワキガだっていうだけで。

そんなのもったいな過ぎです。

 

ワキガだと日常生活に支障が出てしまいます。

だって、普通にしてるだけで周りに不快感を与えてしまうのですから。

自分の居場所がないっていつも感じていました。

 

でもワキガを克服してからは、

人と会って話すのが好きになりました。

 

他人から存在を受け入れられると、自分に自信が湧いてきます。

そうすると自然と他人にも優しくなれるし、

周りからも好かれるようになっていきます。

 

今では昔と世界が全然違って見えます。

僕も気づけば、過去の自分とは全く別人になってましたねw

だから、人間こんな簡単に変われるんだっ!

てことを声を大にして言いたいです。

 

ワキガで悩みに悩んで、

もう手術するしかないのかな・・・

と考えている方も多いと思います。

 

でもこんな僕も変われたんだから、

誰もがきっとワキガを克服できる!

そう信じています。

 

だから諦めないで欲しいっていうことを伝えていきたい。

その想いからこのサイトを作成しました。

 

僕の自己紹介は以上になります。

読んでいただいてありがとうございました!

きよまろでした。

 

↓         ↓         ↓         ↓         ↓

僕がオススメする商品レビューは、こちら