最近、脇の下にやたらと汗をかくんだよな・・・

なんだか臭いも気になるし。

こんな風に、自分がワキガになってしまったんじゃないかと心配になることはありませんか?

 

人間の体臭は、年齢や健康状態、ホルモンバランスなどによって変化します。

歳を取って、今までなかった臭いを体から感じることも。

 

つまり、誰でもワキガを発症する可能性があるということでしょうか?

 

 

そもそもワキガとは何か?

まず初めに、ワキガとは何かについてお話しします。

ワキガは医学用語で「腋臭症(えきしゅうしょう)」と言い、病気ではなく体質です。

ワキガの原因は、脇の下などに分布するアポクリン汗腺から分泌される汗です。

人間の汗腺は2種類あるのですが、ワキガの人にはこのアポクリン汗腺が特異的に多いことが知られています。

この場所から分泌される汗は、暑いときにかく通常の汗と含まれる成分が違っています。タンパク質や脂肪、アンモニアなどの臭いの原因となる不純物が多く含まれているのです。

汗が分泌された時は無臭ですが、これが皮膚に住む常在菌の餌となり、分解されることであの独特の臭いが発生するという仕組みです。

 

 

ワキガは誰でも発症するの?

では、ワキガは誰でも発症する可能性があるのでしょうか?

これは、その人にアポクリン汗腺がどれ位存在しているかによって決まります。

アポクリン汗腺は働きが活性化するのが思春期以降というだけで、生まれた頃からすでに存在しています。

つまり遺伝により決定し、個人差がとても大きいのです。

 

そしてワキガの程度によって、軽度、中度、重度と分類されます。

軽度のワキガであれば、鼻を近づけたら臭う程度ですが、重度になると同じ部屋にいるだけでも臭うというレベルです。

 

また、稀にですが、アポクリン汗腺が全く存在しないという人もいます。

このような人は、理論上ワキガになり得ません。

つまり、誰でもワキガを発症するわけではないということです。

 

ただ、ほとんどの人に、多かれ少なかれアポクリン汗腺は存在しています。

ワキガと診断されるほどでなくとも、汗をかくと多少は臭うことがありますが、それは自然なことなのです。

 

 

ワキガは日本人の約10%

実は、日本人でワキガと呼ばれているのは全体の約10%程しかいないと言われています。つまり、ほとんどの人がワキガではないということです。

思っていたよりもだいぶん少ないのではないでしょうか?

 

ちなみに、欧米人は約80%、黒人はほぼ100%と言われています。

ほとんどがワキガということですね!

いかに日本人の体臭が弱いのかがわかります。

それなのになぜ、日本人はこんなにも自分がワキガだと感じる人が多いのでしょうか?

 

 

周りにワキガが少ないから

何でもそうですが、少数派は目立ちます。

日本人はワキガが少ないから、ワキガである人が目立ってしまうのですね。

だからこそ自分が臭くないか過剰に反応してしまう人が多いということです。

 

逆に、ほとんどの人がワキガである外国では、ワキガを気にする人は少ないと言われています。

みんな臭うから当たり前、気にする方が変という考え方ですね。

逆に「体臭=個性」、「フェロモン」というように肯定的な捉え方をする人も多いみたいです。

 

 

日本人の国民性

日本人は臭いに対してとても敏感です。

元々、無臭であることを清潔、美徳とする文化があります。毎日お風呂に入るし、香水もあまり使いません。

わかりやすい例が、電車などで柔軟剤や整髪料の臭いがキツい人がいると煙たがられますよね。

体臭に対しても同様で、少しの臭いであっても不快に感じてしまう人が多いのです。

特に近年は、女性の社会進出が進んだこともあり、

「スメルハラスメント」、「ミドル脂臭」、「香害」などと言った言葉が続々と生まれました。

このように、臭いに対しては非常に厳しい目が向けられている社会であることも原因の一つです。

 

 

衣類から臭いが発生している

体臭ケアをしている人は多いですが、以外と見落としがちなのが衣類のケアです。

何度も着用した衣類には、汗の成分や皮脂汚れなど、臭いの原因物質が蓄積している場合があります。

これらは時間が立つにつれ繊維の奥に入り込んでいってしまうので、通常の洗濯ではどうしても落としきれないのです。

 

つまり、ほとんどワキガが気にならない人でも、衣類からの臭いによって自分がワキガのように感じてしまうのです。

一度付いた衣類の臭いはしっかり取り除いてリセットしなければなりません。

洗濯も臭い対策の一つという意識を持って対策していく必要があります。

 

 

 

 

「多汗症=ワキガ」ではない

ちょっとしたことで脇汗を大量にかくから、自分はワキガだと勘違いしてしまう人も少なくありません。

しかし、脇汗を大量にかくという症状は「多汗症」と言ってワキガとは別物です。

多汗症とは、何らかの原因でエクリン汗腺の働きが活性化してしまい、過剰に汗をかく症状のことです。

 

原因は生活習慣やホルモンバランスの乱れなど様々ですが、汗の分泌をコントロールする自立神経が乱れている状態です。

交感神経が優位な状態が続き、アセチルコリンという神経伝達物質が過剰に分泌されることでエクリン汗腺の働きが活性化してしまうのです。

 

このエクリン汗腺とは、暑い時に体温を下げるための汗を出す汗腺です。

この汗の成分は、ほとんどが水と塩分です。アポクリン汗と違って、臭いの原因となりません。

つまり、多汗症で脇汗をたくさんかくからと言って、自分がワキガだと決めつける必要はないのです。

 

ただ、多汗症とワキガを併発している人ももちろん少なくありません。

そういう方は、多汗症によって、アポクリン汗腺からの汗を、全身に広げやすくなってしまいます。多汗症がワキガをキツくしてしまうという原因になるので悩ましい問題です。

 

 

一時的にワキガがキツくなることも?

体臭は健康のバロメーターと言われています。

そのため、健康状態によって一時的に体臭が悪化することがあります。

今までワキガが気にならなかったけど、最近気になってきたという方は、これに当てはまる可能性があります。

 

・偏った食生活(動物性タンパク質、ジャンクフード、油っこい食品など)

・不規則な生活リズム、睡眠不足

・過度のストレス、プレッシャー

・飲酒やタバコ

 

これらはアポクリン汗腺を刺激して、働きを活性化させます。

つまり、もともとアポクリン腺が少ない方であっても、1個あたりの汗腺からの発汗が増えることで体臭がキツくなる場合があるということです。

もちろん、食生活が悪くなると、汗の成分も臭いやすいものに変化してしまいます。

 

現代人に増えているケースですが、この場合は生活を見直すことで改善されるでしょう。

 

 

自分がワキガか調べる方法はないの?

じゃあ、自分にアポクリン汗腺はどれくらいあるのか、本当にワキガ体質なのか?

ということは自分では判断しかねます。

なかなか自分の臭いを人に聞くのも気が引けますね。

そういう方は、自分でできるセルフチェック方法をこちらの記事でまとめていますのでぜひご覧になってもらえたらと思います。

 

 

 

まとめ

ワキガは誰でも発症するものではないということがわかっていただけたと思います。

どれだけ不摂生をしてもワキガにならないなんて、、、

と、何だか不平等に感じてしまいますね。

でも、ワキガはしっかり対策すればほとんどの場合は抑えることができます。

自分の生活習慣を見直し、ワキガとの付き合い方を覚えていくことが重要です。




---------------------------------------------------------------------------------------

僕は26歳まで全く彼女ができませんでした。

ワキガのせいで「清潔感」がなかったんです。

たかがワキガで?
そう思われるかもしれません。

でも女性は臭いにとても敏感です。
男性なら気にしない体臭でも
「不潔」だと嫌われてしまうことだってあります。

実際、僕も
学生時代はワキガが原因で女子に避けられていたし、
好きな人からも相手にされませんでした。

そんな自分に劣等感を感じずにはいられなかったです。

周りはみんな彼女がいるのにどうして自分だけ、、、
僕はもう一生このままなのかもと絶望しました。

しかし、あることがきっかけでワキガの悩みが消え、
女性と接することが全く怖くなくなりました。

ワキガを克服したことで、
女性からの評価をガラリと変えることができたのです。


おかげで僕はかわいい彼女を作ることもでき、
とても楽しい日々を送ることができています。

そして同じワキガの悩みを持つ友達にも
僕の知識を教えたあげたら
ありがたいことにすごい感謝されております。

このことからも
手術をしなくてもワキガの悩みは解決できるのです。

僕がコンプレックスを解消できた秘密は、下記のリンクからどうぞ。
↓      ↓      ↓      ↓      ↓

きよまろが人生を変えた方法


---------------------------------------------------------------------------------------