皆さんは最近、汗かいていますか?

臭いや汗シミが気になるから、なるべく汗をかかないように気をつけているという方の方が多いかもしれませんね。また、現代人は空調の効いた部屋で過ごすことに慣れているので、汗腺の機能が衰え汗をかきにくくなっている傾向にあります。

しかし、適度に汗をかくことはワキガの臭い対策に繋がるのです。

とはいっても運動で汗を流すとなると体が疲れるし大変ですよね。
いざ始めてみても時間が確保できず、長続きしなかったという経験がある方は多いのではないでしょうか。

そんな忙しい現代人にオススメしたいのがサウナです。
サウナなら短時間で効率よく汗をかけますよ!

 

サウナがワキガ対策に効果的な理由

汗腺が衰えると臭いがキツくなる

汗腺の働きは、汗を作り体外へ排出することです。暑さや緊張など外部からの刺激を受け、脳が汗腺に汗をかけと指令を出しているのです。

冒頭でも話しましたが、現代人は運動不足や空調の影響により汗腺機能が衰えてしまっています。つまり、日常の中で上手に汗をかくことができないのです。

健康な人だと小まめに汗をかくことができるのですが、それができないためちょっと運動したりして体温が上がると、急にどっと汗をかいたりします。

そしてその汗は、ベタベタとした悪い汗なのです。

悪い汗には、本来排出するべきでない体内のミネラル分がたくさん含まれています。

汗は血液から赤血球や白血球を除いた「血しょう」から作られます。この血しょうに含まれるミネラル分を濾過して体内に再吸収し、残った水分を汗として放出しているのです。

悪い汗は、この濾過機能がちゃんと機能していません。

運動不足の方は、自分の汗がベタベタしていると感じたことがあるのではないでしょうか?あれは汗腺機能が衰えている証拠なんですね。必要なミネラルが失われているので、汗をかくとなんだか疲れてしまうのはこのためです。

 

すると、皮膚表面に住む常在菌が汗に含まれるミネラル分に集まってきます。それをエサにしてたくさんの臭いの原因となる老廃物が生産されてしまいます。これがワキガをきつくする理由なのです。

また、ミネラル分を多く含む汗は乾きにくいです。乾くのに時間がかかると蒸れてしまいます。そうなると、常在菌が繁殖しやすい環境となりさらに臭いやすくなります。

 

 

サウナは汗腺を鍛えられる

汗腺を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか?

それは日頃から汗をかく練習をすることです。しかし運動を継続して行うのは向き不向きがありますね。

その点、サウナなら運動よりも簡単で続けやすいです。

 

疲れも取れて気持ちいいので、一石二鳥ですしね。

また、短時間で効率よく汗をかき、全身の汗腺のトレーニングになります。

さらに、サウナで汗を流すことで汗腺に詰まった老廃物や角質を排出し、汗の臭いを軽減する効果も期待できます。

 

継続することでサラサラとした「いい汗」をかけるようになるでしょう

この汗は成分のほとんどが水分で、効率よく体温を下げてすぐ乾くという特徴があります。なのでかいた後はさっぱりとしていい気分になれますよ!

普段の疲れを取りに行くつもりで、まずは気軽に始めてみるのがおすすめです。

 

サウナで汗をかいても臭くない

サウナって不思議と汗臭くないですよね?たくさんの人が狭い部屋で汗だくになっているのにどうしてなんでしょう?

その秘密は、臭いの原因が皮膚表面の常在菌にあるからです。汗に含まれるタンパク質や脂質などの成分が、皮膚の常在菌によって分解されることによって臭いは発生します。つまり汗自体は無臭なのです。
つまり、汗をかいてもすぐに流れ落ちるサウナでは皮膚の細菌により分解されることがないから臭わないのですね。

自分の臭いを気にせず、気持ちよく汗を流せるというのもサウナのメリットです!

 

サウナは他にどんなメリットがあるの?

サウナには全身の血管を広げ、血行促進効果があります。それにより、ワキガの改善以外にもたくさんのメリットがあるんです。

・むくみの解消
・冷え性の改善
・肩こりの改善
・安眠効果
・美肌効果
・免疫力アップ

などなど正しい入り方をすることで多くのメリットがあるようです。

しかし、サウナから出てすぐ水風呂に入るのはやめた方がいいでしょう。
気持ちがいいのはわかりますが、体への負担が非常に大きいです。特に心臓が悪い方は注意が必要で、不整脈、狭心症などの原因になってしまいます。

 

サウナの正しい入り方って?

まずはサウナに入る前の準備です。体を洗って清潔にし、汗腺に詰まった汚れを落とすことで汗をかきやすくします。
サウナに入る時はあまり体は動かさず、5〜10分位にしましょう。一度に長時間入るより、休みながら数回入る方がたくさんの汗をかくことができます。サウナから出たら調子を見て水風呂に入るなどして休憩します。
体に無理の無いように、自分のペースで行ってください。

また、サウナは上段ほど温度が高くなると言われています。最初のうちは下段から体を慣らしていきましょう。

 

水分補給が大事

何より大事なのが、水分補給です。入る前、出た後は水分をしっかり摂ってくださいね。できれば途中でも小まめに飲みましょう。水分補給を怠ると、脱水だけでなく血液がドロドロになります。そうすると血栓ができやすくなる危険性もあります。

ポイントとしては、カフェインの入った緑茶、お風呂の定番である牛乳などより、水分補給に優れたスポーツドリンクを選ぶようにすることです。

 

食後、飲酒後はNG

また、食後や飲酒後は控えましょう。なぜなら、サウナに入ることで全身の血流が良くなります。食後は胃腸に血液が集まっている状態ですので、消化吸収を妨げてしまいます。最低1時間は間を空けましょう。
飲酒後は危険です。アルコールには強い利尿作用があるので、脱水症状を起こしてしまう可能性があるからです。絶対にやめましょう。(施設によっては禁止行為とされているところもありますね。)

 

自宅でも汗腺を鍛えてワキガ対策

サウナに通うのが難しい方は、自宅の浴槽でもオッケーです。

肩まで浸かる全身浴だと、かいた汗がお湯に流れてしまいます。すると汗が蒸発しないため体温が下がらず、すぐにのぼせてしまいます。これでは短時間しか発汗できませんし、体への負担も大きいですね。
ではどのような入浴用が効果的なのでしょうか?

 

手足高温浴

手足は脳から最も遠く、汗腺が一番退化しやすい場所だと言われています。その手足を集中的に温めることで、眠っている汗腺を目覚めさせることができます。また、血流が良くなりポカポカとしてくるので、全身からの発汗が期待できます。

【手順】
43度位の熱めのお湯を浅く湯船に貯める。
ひざから下、肘から先をお湯に10分程浸ける。
湯船にバスチェアーを置いて行うといいでしょう。

 

半身浴

体の芯から温めることができ、全身の汗腺を効率よく鍛えることができます。また、ぬる目のお風呂は微温浴と呼ばれ、副交感神経が働きリラックス効果もあります。

【手順】
37〜38度位のぬる目のお湯を湯船に半分程貯める。
みぞおちから下位まで、15分程ゆっくり浸かります。
手足高温浴を行った後に、続けて行うとさらに効果的です。

 

 

まとめ

サウナは体の中から改善して行くワキガ対策です。すぐに効果が出るわけではないかもしれませんが、継続することで間違いなく体質改善に繋がります。

リフレッシュ効果も大きいので、忙しい現代人にもってこいだと思います。
サウナは気持ち良いいので、結構ハマる人も多いですよね。

週1〜2回でもサウナに通って、汗腺のトレーニングでワキガ対策をしましょう!